イザとなったら賢く任意売却しよう

HOME >>  自己破産関連 > 自己破産を行った時の連帯保証人との関係

自己破産を行った時の連帯保証人との関係

大きな借金を行うためには、連帯保証人も必要とされます。

 

この連帯保証人になってくれる方を見つけることによって、借金を行うこともできるのですが、時には自分自身で借金の返済ができなくなる場合もあり、この場合自己破産の申請を行う必要があります。

 

自分自身だけ自己破産を行えば、借金からも免除されるのですが、その借金は自動的に連帯保証人に請求されますので、連帯保証人の方が全く関係のない借金を返済しなくてはなりません。

 

勿論連帯保証人の方に充分な金銭的余裕がある場合には、すべてのお金を完済することも可能でしょう。

 

本来は、自己破産を行えば借金の返済義務はなくなるのですが、親しい友人や親族との今後を考えれば、連帯保証人が完済してくれた額のうち、自分で払える分は返済していくといった誠意は必要になります。

 

自己破産は、借金免除という大きなメリットはあるものの、その状態に甘えきってしまうと人間関係を壊してしまうという自覚は持っておく必要があります。