イザとなったら賢く任意売却しよう

HOME >>  自己破産関連 > 自己破産の選択は計画的に

自己破産の選択は計画的に

自己破産と聞くとどのようなイメージが浮かぶでしょうか。

 

事業に失敗、ギャンブルで使い込んだ、保証人になってしまったなど理由は様々ですが、とにかく借金が多くて返せない状態になっているということは容易に考えられますね。

 

しかし、実はギャンブルなどの利己的なものは自己破産の理由として認められない場合もあるので注意しなければなりません。もちろん、返済のために車も手放して限界の状態になってからでないと認められにくいのが現状です。

 

さらに、自己破産してからも制限された生活を余儀なくされます。自己破産をするということは理由はさておき他人のお金を踏み倒すということになります。すなわち、世間一般の信用というのは地に落ちることになるわけです。

 

そのため、自己破産をしてから数年はローンなどの審査に通らなくなります。車を購入するのも、携帯電話や家電を購入するのも全て現金でまかなわなければならないわけですね。

 

ローンを組むことなんて滅多にないと思っている方でも、意外と分割払いの制度を利用していることが多いのでこの点は注意すべきだと思います。