イザとなったら賢く任意売却しよう

HOME >>  自己破産関連 > 自己破産で救われた

自己破産で救われた

私は親の借金の肩代わりの為に、借金をしました。金額は600万円だったと思います。当時の私の給料の手取りは15万円でその中から母に4万円、借金の返済に10万円を払っていました。

 

ですが10万円はほとんどが利子分で借金は減ることはありませんでした。利子だけを払う生活を3年ほどした時に私がうつ病になってしまいこれ以上働けなくなりました。

 

母と父も自己破産をしていたので生活する最低限のお給料だけをもらって生活していました。なので私の借金は返せないというのです。自分勝手な親だったので私は自己破産をすることにしました。

 

弁護士さんに相談するお金も無かったので一人で手続きを始めました。自己破産の申告をし始めるとすぐに銀行や消費者金融への支払いがとまった時は本当に涙がでました。

 

自己破産は責任逃れだと思う人もいるかもしれませんが、私は自己破産制度に救われました。もしこの制度がなかったなら私はずっと両親の借金を背負い続けなければならなかったからです。

 

今でも両親はそのことについて謝罪しませんが、自分の親なので諦めています。