イザとなったら賢く任意売却しよう

HOME >>  任意売却関連 > 住宅ローンを滞納したら早めに任意売却を検討

住宅ローンを滞納したら早めに任意売却を検討

住宅ローンを滞納すると1ヶ月目から督促状が送られてくるようになります。

 

それでも支払いが滞る場合には3ヶ月から6ヶ月で催告書が送られてきます。催告書は法的手続きをとる前提となる書類で、この書類を放置しておくと債権者が金融機関から保証会社に移ります。 そして残ったローンの一括返済を求められ、家が差し押さえられて競売にかけられます。

 

競売のデメリット

 

最初の督促状を受け取った時点で、この先ローンを支払える目処がつかない場合には早めに弁護士や司法書士に相談して家の任意売却の手続きを始めたほうが賢明です。 任意売却と競売では家の販売価格に大きな開きがあり、競売だと評価額の7割程度の金額でしか売却されません。
 
74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_s
 

任意売却と比べると多額の借金が残ることになり、手元に1円も入ってきません。任意売却の場合には借金の額を減らすことができるほか、金融機関との話し合い次第では幾らかのお金を残すこともできます。

 

たとえ競売にかけられる事が決まって競売の期間入札通知所が届いても、まだ任意売却が出来る可能性があるので、受け取ったら速やかに専門家に依頼しましょう。この段階になると1刻の猶予もありません。 住宅ローンを滞納してしまって返済する目処が立たない場合には、とにかく早いうちに専門家に相談することが大切なのです。