イザとなったら賢く任意売却しよう

HOME >>  任意売却関連 > 住宅ローンの返済に悩んだら任意売却

住宅ローンの返済に悩んだら任意売却

長引く不況で住宅ローンの返済が家計に重くのしかかっている。離婚後、住宅ローンの残っている家の処分に困っている。こういった悩みを抱えている方はいると思います。

 
こうなった場合には、悩んでいないで任意売却と言う方法があるのを知っていますか。任意売却とは、住宅ローンなどの返済を続けて行くことが困難になってしまった場合にローンの融資を受けている金融機関との合意に基づいて、今住んでいる家を売却する手続きのことをいいます。

 

任意売却のほかにも、競売に出すといった方法もありますが、任意売却手続きをとる方がいいのです。ですが、素人が任意売却の手続きをひとりで行うのは困難です。任意売却をよく知る専門家に相談し、手続きを行ってもらうことになります。

 

住宅ローンが返済できずにどうしようと悩んでいるだけでは、家はいずれ競売にかけられてしまいます。そうなると近所からもあ「あの家はローンの返済ができなくなったんだ」と知られてしまいます。

 

任意売却の手続きをとるほうが、近所にも事情を知られることがありません。住宅ローンの返済ができなくなったら、できるだけ早いうちに専門家へ相談することをおすすめします。