イザとなったら賢く任意売却しよう

HOME >>  任意売却関連 > 住宅ローンが返せなくなったら任意売却

住宅ローンが返せなくなったら任意売却

日常生活で役立つ法律問題を取り扱う番組を見ていたら、任意売却の説明をしていました。最近は景気が良くなってきて家を建てる人も増えていますが、まだまだ不況の影響から脱し切れていない会社もたくさんあります。

 

リストラにあって再就職したものの給料が前職より減ってしまったという人や、会社が倒産してしまったという人も多いのです。こうなると困るのが住宅ローンです。

 

借りる時点では給料が上がっていくことを想定して借りているので、返せなくなってしまいます。住宅ローンを滞納すると家は競売にかけられ通常の7割という安い価格で売られてしまいます。

 

また競売にかけられると、そのことが近所の人にも知られるようになります。これを避けるには任意売却という方法なのだそうです。

 

任意売却だと適正な評価額で売ることができますし、近所の人にもローンの滞納のために家を売却するということを知られなくてすみます。

 

また家を売却したお金の一部を自分の手元に残せるよう交渉する事もできます。競売に比べてメリットの大きい方法です。