イザとなったら賢く任意売却しよう

HOME >>  任意売却関連 > 任意売却の活用法を考える

任意売却の活用法を考える

今回は任意売却をどのように活用していくか考えてみたいと思います。

 

現在、一戸建てなどの住宅をお持ちの方が多いと思います。通常は住宅をお持ちの方は銀行などからお金を借りて住宅ローンを組んでいると思います。仕事が順調で住宅ローンを毎月返済している方は問題ありません。しかし、何らかの事情で急に住宅ローンの返済ができなくなったら、どうなるでしょうか。

 

もし、住宅ローンの返済ができなくなると銀行などの金融機関は不動産を差し押さえて強制的に不動産を売りに出してしまいます。別の言い方をすると「競売」にかけられてしまいます。ここで、まず問題として考えられるのが所有者の個人情報です。この競売は新聞などに公開されてしまうので、個人情報が知られてしまう危険性があります。

 

このように競売は所有者にとってあまりよろしくないと思います。一方、もう一つの方法として「任意売却」というのがあります。この任意売却は金融機関の合意のもとで所有者が不動産が売却をすることができるメリットがあります。また、秘密厳守で売却ができます。

 

したがって、住宅ローンが払えなくなった場合はまずは任意売却を考えた方がいいと思います。