イザとなったら賢く任意売却しよう

HOME >>  任意売却関連 > 任意売却の注意点について

任意売却の注意点について

任意で家を売りに出すことによって、競売よりも大きなメリットを得ることが出来るといわれる任意売却。しかしそこにも、幾つか注意が必要なことがあることは覚えておかなくてはなりません。

 

まず大前提として、任意売却は債権者の同意がおりなければ行えません。任意売却のほうが回収できる金額が大きいので、比較的容易に許可を得られる可能性が高いのですが、それでもそれまでの滞納具合が酷かったり、心証が悪かったりする場合には、それが叶わなくなってしまうこともあるので気をつけましょう。

 

それから連帯保証人などが存在する場合は、そちらの同意も必要になります。

 

そのほか任意売却を受け持ってくれる業者を探したり、各手続きのために複数の場所を回ったりと、とにかく自分で積極的に動いていくことが求められます。競売と違って、ただ待っていればいいというものではありません。

 

いざという時、スムーズに動けるように知識を身につけておくことが大切です。不測の事態に備えて、任意売却の仕組みは一通り頭に入れておくと安心です。