イザとなったら賢く任意売却しよう

競売と任意売却の違いについて

不動産購入後に住宅ローンの延滞が発生してしまった場合、その時点でローン残高の整理を債権者である金融機関側から求められることになります。もしあなたがローンの残額を一括で返済できるだけの現金を持っていたり、他の金融機関から新たにローンを組むことで借り換えができるのであれば問題ありませんが、ローン支払いに問題が生じているときにそれだけの余裕がある債務者はまずいないと考えてよいでしょう。

 

ローン残高の整理が不可能な場合

 

債務者側の努力だけでローン残高の整理が不可能な場合、取りうる選択肢は二つあります。

債務整理について
一つは抵当権が設定されている不動産物件を債権者側が差し押さえ、裁判所を通じて競売にかけて売却することでローンの残債務を整理する方法です。この方法は法律に基づいて強制的に手続きが進められるので、債権者と債務者の話し合いがこじれた場合などに有効な方法ですが、一般的に競売で不動産物件を売却すると様々な制約が課せられてしまうので、相場よりも売却額が低くなってしまうというデメリットがあります。

 

もう一つの選択肢が、債権者と債務者が話し合いによる合意を得たうえでローン支払いに問題が生じてしまった不動産物件を通常の不動産取引と同じ手続きで売却する、任意売却と呼ばれるローンの残債務整理法です。任意売却では、不動産業者を仲介業者として不動産物件の売却を行います。通常の不動産取引と同じ仕組みで売却するので、競売による売却額の低下を回避することができます。それにより債権者は貸付金のの回収額が増え、債務者側はローン残債務を減らすことになります。売却額でローン残高をすべて返済できなければ、任意売却終了後に月々のローン返済を続けていく必要はありますが、ローン残高を減らすことができればその分月々の返済負担を軽減することに繋がります。

 

また、競売で売却するケースでは最長で半年ほど時間がかかってしまいますが、任意売却であれば物件の買い手さえ見つかればもっと早くローンを整理することが可能になります。

参考ページ:任意売却することで自宅を守り現金を残す方法を考える!

 

 

自己破産の手続きを進めるために
任意売却の専門業者と不動産業者との違いは?
住宅ローンを滞納したら早めに任意売却を検討
任意売却の買受人探しについて
過払い金とは?取り戻すには?
任意売却をするならまずは弁護士に相談しませんか
自己破産を行った時の連帯保証人との関係
過払い金を取り戻しましょう
競売になる前に任意売却で
住宅ローンが返せなくなったら任意売却
過払い金を請求する事が出来る期限
自己破産の選択は計画的に
任意売却の活用法を考える
任意売却の注意点について
過払い金の手続きって以外と簡単
自己破産で救われた
任意売却について
住宅ローンの返済に悩んだら任意売却
過払い金の請求は早急に行いましょう
良いことだけではない自己破産